<{$xoops_sitename}>
オススメ書籍

キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO

サイトマッププラス
サイトマップラス
Powered by SEO対策

検索


SEO対策で得する情報

キーワードをはっきり読み取ってもらうためにHTMLの最適化。


<TITLE>にキーワードを入れる

サイトのタイトルは、検索エンジンに対して非常に
最重要視されているキーワードです。

しかし、重要視されるタグなので思いついたキーワードを延々と羅列させると、
検索エンジンがスパム(迷惑)行為と判断し、上位表示以前に
最悪そのURLに対して一切検索対象にしないという
ペナルティーの対象となってしまいますので注意しましょう。

<TITLE>タグの文字量はキーワードを含めた20文字程度が適量といわれています。
TOPページはもちろん、その下の各ページの<TITLE>タグにも
そのページに適したタイトルをつけましょう。

<META>とは?

本来<META>タグの役割として、検索エンジンが認識しやすくするためのタグでした。
ただ、本来の役割の性質を逆に利用し、サイトには直接関係のないキーワードなど
多数埋め込む行為いわゆるスパム(迷惑)行為が非常に横行しました。
そこで、近年はgoogleなどは<META>タグは重視しないといわれていますが、
<META>タグ本来の役割は失われてはいないので
最低限以下のタグだけは入れておいたほうが良いでしょう。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
<meta name="description" content="サイトの説明"> 最大100文字程度。

もちろんあなたのサイトのキーワード以外の単語や
無関係なキーワードは逆効果となりうるので注意しましょう

<BODY>の冒頭は注目エリア!

ロボット型検索エンジン(googleなど)は<BODY>タグ内に書かれている
冒頭の100から150字の間のテキスト情報を最重要視します。

ロボットは<BODY>タグ内に書かれている内容がそのサイトの
実際の内容と判断します。
そして多くのサイトは冒頭の100から150字の間にサイトの説明が
まとめて述べられていると判断しています。
よく、「このサイトは〜」などと、このサイトはどういうサイトかという説明を
冒頭にしてるところが多いですよね。
ロボット型検索エンジンも冒頭にサイトのまとめがあると判断するそうです。
それらを踏まえて、冒頭にはキーワードを含んだ文章を入れることが大切です。

また、末尾も同様にページの結論など記載されていることが多く、
重要視されています。
キーワードを含めた文章を</BODY>タグの直前にも入れておきましょう。

<H1>〜<H6>見出しとキーワード

見出しの<H○>タグに含まれる文章や単語もキーワードと同一、
もしくは含まれているのが好ましいようです。
見出しの文章や単語はキーワードの説明、キーワードと深くかかわりの
ある文字列と判断され、そのサイトのキーワードのポイントアップに
繋がりやすいと思われますので、キーワードを含めた関連ページを
PRするつもりでチェックしておきましょう。

<STRONG>はまんべんなく

<STRONG>タグも利用しましょう。
<STRONG>タグに含まれている文章や単語も検索エンジンでは
重要視するのでページの全体にキーワードを散りばめて、
<STRONG>タグで囲いましょう。

キーワードスパム(迷惑)行為ととられない為に

キーワードはたくさん出現するほど、サイトとの関わりが深いと判断されますが、
あまりにも多過ぎるとスパム(迷惑)行為と判断されてしまいます。
現在では適切な比率というものが考慮されています。
同じ文章の中にキーワードが何度も出現してきたり、全体の文章の
半分以上がキーワードというのも文章としてありえないですよね。

いずれのタグも同じキーワードの比率が高すぎるとスパム行為と
見なされ評価が下がる恐れがありますので、各タグで通常比率は
10〜20%位が適切と考えられます。


お役立ちサイト

キーワード出現頻度解析
解析を行うURLもしくはHTMLファイルを入力すると、
そのHTMLに含まれる単語の使用頻度を表示してくれます。
自分のサイトでどのような文字が多く繰り返されているのかや、
全体に対しての比率がどれくらいなのか判断することが出来ます。
前のページ
良いキーワードの決定
コンテンツのトップ 次のページ
>>相互リンクの重要性



アフィリエイトで稼ぐ

SEO対策で得する情報

オススメ商品